着けて納得インプレッション! ブライトリングのアベンジャーがフルリニューアル - ニュース - 時計Begin

着けて納得インプレッション! ブライトリングのアベンジャーがフルリニューアル - ニュース - 時計Begin着けて納得インプレッション! ブライトリングのアベンジャーがフルリニューアル - ニュース - 時計Begin

着けて納得インプレッション! ブライトリングのアベンジャーがフルリニューアル - ニュース - 時計Begin

着けて納得インプレッション! ブライトリングのアベンジャーがフルリニューアル | ニュース | 時計Begin ブライトリングの武骨コレクション 「アベンジャー B01 クロノグラフ 44」。サンドカラーダイヤル。自動巻き。径44㎜。SSケース&ブレスレット。110万円。 ファンならお気づきだと思うが、のトップがシュナイダー家からジョージ・カーン新体制になってから、まだ本格的にメスの入っていないコレクションがあった。それが「アベンジャー」コレクションである。ゴツゴツと武骨で力強いパイロットウォッチ。エッジの効いたライダーダブは、以前のブライトリングを最も象徴しているモデルと言ってもいいだろう。 「アベンジャー B01 クロノグラフ 44」。グリーンダイヤル。自動巻き。径44㎜。SSケース。ミリタリーレザーストラップ。103万9500円。 カリスマ経営者は、ブライトリングの人気モデルに、どのようなモデルチェンジを加えるのか。その回答が「新・アベンジャー」の発表で、ついに明らかとなった。今回発表されたのは全部で11モデル。限定モデルはなく、全てがレギュラーモデルとなる。ケースは通常のSSケースに加え、クロノグラフモデルにはブラックセラミックのケースも用意されている。 「アベンジャー B01 クロノグラフ 44 ナイト ミッション」。ブラックカーボンダイヤル。自動巻き。径44㎜。セラミックケース。ミリタリーレザースットラップ。126万5000円。 新アベンジャーコレクションは、大きく3つのモデルから構成される。クロノグラフ、GMT、そして3針のオートマチックである。クロノグラフとGMTはケース径が44㎜、3針モデルは径42㎜となり、以前のモデルと比べると一回り小さくなった。またクロノグラフモデルにおいては、シリーズ初となるシースルーバックが採用されている。その理由は明確で、搭載ムーブメントが、キャリバー23から自社製のキャリバー 01に変更されている。 「アベンジャー B01 クロノグラフ 44 ナイト ミッション」。イエローダイヤル。自動巻き。径44㎜。セラミックケース。ミリタリーレザースットラップ。123万7500円。 ブライトリング製品において、最も手の届きやすい価格帯が魅力だったアベンジャーのクロノグラフも、これでついに100万円オーバーとなったが、それでも自社製クロノグラフムーブメント搭載モデルの中では、エントリー価格を実現している。 ダイヤルカラーでは、これまでのイメージを一新。特にSSケースのクロノグラフは、小さなインダイヤルこそブラックだが、ベースになっているのはブルー、グリーン、サンドカラーで、その色合いがどれも絶妙。いまの時代感にぴたりとマッチした、とてもオリジナリティの高いカラーリングとなっている。またセラミックケースのクロノグラフでは、スポーティなカーボンダイヤルと、目の覚めるようなイエローダイヤルをセット。 「アベンジャー オートマチック GMT 44」。ブラックダイヤル。自動巻き。径44㎜。SSケース&ブレスレット。73万7000円。 「アベンジャー オートマチック 44」。グリーンダイヤル。自動巻き。径42㎜。SSケース&ブレスレット。64万3500円。 ブライトリングは早くから(1930年代、3代目ウィリー・ブライトリング時代から)、パイロット・ウォッチの開発を専門とするユイット・アビエーション部門をブランド内に設立していたブランドである。その実力の高さは、現在でもスイス空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・スイス」の、腕の上で証明されている。 ブライトリングのパイロット・ウォッチは、紛れもなく「本物」。新生アベンジャーは、そんなハードな仕様を守りつつも、都会を生き抜くビジネスパーソンにも似合うスタイリッシュさを手に入れた。 お問い合わせ: 文・構成/市塚忠義